インスブルック戦に大敗、最終節の本拠地LASKリンツ戦での勝利が必須条件に

ACミランの日本代表FW本田圭佑が実質的なオーナーを務めるオーストリア2部SVホルンが、19日のFCワッカー・インスブルック戦に0-3と大敗。
残り1節の時点で最下位に沈み、わずか1年で3部に再降格の危機を迎えている。

現在10チーム中10位と最下位に沈むSVホルンは、FCワッカー・インスブルック戦を迎え、試合前には公式ツイッターで現状を報告した。

「SVホルンは現在2部リーグ10位で、残り本日の試合を含め2試合となっております。3部リーグのチームが1チームしかライセンスを持っていないため、SVホルンが最終的に9位になると2部残留となります」

通常なら9位でも3部降格となるが、3部リーグのクラブのライセンスの問題で、今季降格は最下位の1クラブのみと報告。
逆転で9位に入れば2部残留を果たせるが、ホルンはこの日インスブルック相手に0-3と大敗。9位のFACウィーンが首位のLASKリンツに2-2ドローと踏ん張りを見せたため、残り1節で勝ち点差は2に広がってしまった。
そのためホルンが2部に残留するには、最終節の本拠地LASKリンツ戦での勝利が必須条件となり、9位のFACウィーンが本拠地カプフェンベルガーSV戦に引き分けると勝ち点36で並び得失点差の勝負、敗れれば逆転で9位浮上となる。

本田が実質的オーナーとなったホルンは、昨季から5年間でUEFAチャンピオンズリーグ出場を目標に掲げていた。
だが、5月3日に成績不振から濱吉正則監督を解任。
ニハド・ペヤコビッチとクリストフ・ウェスターザラーの両コーチが暫定監督を務めているが、危機的状況を脱することができず、最終節で首位相手に勝利しなければいけないという苦境に直面。
今季限りでミラン退団が濃厚となっている本田だが、副業でも試練の時を迎えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170520-00010006-soccermzw-socc
Football ZONE web 5/20(土) 12:01配信

コメント一覧
>>1
毎日朝に晩基地外みたく短時間でスレを立てまくっている基地外記者こと砂漠のマスカレード ★
重複スレも大好きな基地外

目障りだから早よう消えろや砂漠のマスカレード ★
ここはてめ専門板じゃねだよ
色々全部終わってるな本田
これの買収額に数億円かけたとか言ってたけど
無駄金使っただけや
踏んだり蹴ったりやな
踏んだり蹴ったりの助に改名したらいいのに
ニッキ出てんの?
アントニオ猪木みたいになってきたな
>>1
ツキに見放されて普通に戻ったんだろ
今迄が何もかも上手く行き過ぎてただけで
本田厄払いしてこい
本田自身が移籍して活躍すれば電通が盛り上げてくれるんじゃないか