大分県は29日、2015年度に児童相談所(中央、中津)に寄せられた児童虐待の相談件数、内容を発表しました。新規は654件(14年度比3件減)で対応件数は延べ983件(同13件増)でした。子どもが季節に合わない服装をしていたケースなど、「ネグレクト」関連の相談が大幅に増え、過去最多となりました。
 県によると、相談の内訳は▽心理的虐待326件(同46件減)▽身体的虐待203件(同2件減)▽ネグレクト121件(同50件増)▽性的虐待4件(同5件減)。心理的虐待が最も多い傾向は2011年度以降、続いています。昨年度、増加したネグレクトの相談内容は「子どもだけで夜遅く遊んでいる」「服装が汚い」など。県は「育児放棄を虐待とする認識が広まり、社会全体の感度が高くなったため」と分析しています。
 児童虐待が疑われる死亡事案は、専門部会で再発予防策を検討しています。2015年度は、父親の過失により自宅が全焼し子どもが亡くなったケース、生後間もない乳児が亡くなった2事案の計3事案で検証を実施しました。
 情報提供したのは警察が265件で最多。近隣・知人が116件、医療機関は30件でした。被害に遭った年齢別では「6~11歳」の202件が最多。次いで「0~2歳」「3~5歳」と続きました。11歳以下が8割を占めています。加害者は実父332件、実母231件と続きました。
 虐待を理由に一時保護したのは127件に増加(2014年度72件)。一時保護をした上で、虐待有無の調査を進めるケースが増えたことが要因とみられます。大分県のこども・家庭支援課は「早期発見・早期支援が重要。早期支援につなげるため、虐待が疑われる場面に気がついた人は積極的に連絡してほしい」と話しています。