つじあやのカバーガール2。

風になるの人だよねえ位の認識だったのだけど、このアルバム気に入ってます。

最初はスカパラの美しく燃える森のウクレレカバーが聴きたくて、勿論それはそれで素晴らしいのだけど、このアルバムはtokyo sideとkyoto sideの二枚組になっていて、kyotoはその名の通り京都のいろんな場所、キャンパスとか鴨川とか森とかで一発どりみたいにして収録されてるらしく。

カバー集なので本当に先人はいい曲いっぱい残してるんだなあと実感。

フィッシュマンズの頼りない天使とかもう原曲ききたいと思っちゃったし。君は天然色も戦メリも改めていいな。