妹がオランダに旅行中で、そちらから送ってくれた一枚。

アンネ・フランクの家が一番印象的だった…と。

えっ?アンネ・フランクって、ドイツじゃなかったの?

『アンネの日記』も小学生か中学生でドキドキハラハラ、

でも結末を知っていたので複雑な思いで読んだけれど、

ドイツにずっといたと思っていたら、迫害を逃れてオランダに亡命していたことを知る。

ということは、オランダまでドイツ兵はやってきたのか…と調べて、

オランダがドイツに占領されたことを知る。

たった1枚の絵葉書がいろいろ私に教えてくれた重くて暗い、

でも記憶していかなければいけない歴史。

フランスの絵葉書についていた切手。

バレエの切手、とっても素敵で癒された。


にほんブログ村